一人暮らし 費用すらまずい状況

なあ。「何?」一人暮らし 費用、どうしてこんな状況の訳?「状況って?」ほら、見ろよ。「わー、お財布が空っぽ」今、冷蔵庫にある物以外、食糧は...ねーもんと思え!

「うわ...最悪」ま、大丈夫...大丈夫!「暗示かけた...」一人暮らし 費用ぐらい、残しておく筈が!「残念だったな」お前がしょっちゅう、家へ遊び来るの原因じゃ?

「は?」ほら、昼や夜、飯食べてく上に、おやつまで...。「馬鹿っ!些細な量で寝言を...」頼むよぉ、金くれー。

「直球できたな...」駄目?「駄目」一人暮らし 費用すらやべーんだ、頼む!「何度言われよーと。俺自身、色々状況よくねーから、毎日足運ぶ訳」糞、使えぬ奴!

「親友に、お前...」一人暮らし 費用を、どーすれば。「給与まで待とうぜ?ほら、絶対大丈夫さ」すっげー不安さぁ...幾日ある?

「二週間先?」絶望的、絶対無理。それまでに餓死の可能性大。「分ったよ」へ?「食事は毎日、俺担当する!」

担当?「どっかで貰ってくる」馬鹿すぎる発想。「平気さ、上手くやれば」